読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
mijumama's blog

夏バテとノミ祭り

気温的には一昨年の方が暑いはずなのに、どーしてこう暑さが応えるんでしょう… あ、歳か。
食欲は落ちないけど、身体のダルさで夏バテを知るミドフォーです(´д`)

五輪もそれなりに観戦してはいますが、夜を徹して生中継を見て、なんてのは無理。仕事がない日でも無理(-_-;) うちのいちばん熱い(?)観戦タイムは夕食〜零時の間ぐらいです。


その頃、もう一つ熱い観戦タイムも繰り広げられていて…


毎夜のように、カナブンが網戸にやってくるのです^^ 観戦者、もしくはハンター希望者なのはれいとまり。この時ばかりは、日頃のバトルも休戦してカナブンに熱い視線を注ぎます(=ΦエΦ=)


  動いたぁ!         下よ、下!!


なんとも微笑ましい(*^_^*)
でも長続きしないのよね〜。れいはなーんにも考えずにまりの側に寄っていくけど、ふと我に返ったまりは、至近距離にれいがいると、すぐウーウー言い始めます(^^;) 


  うずうず…


でもまあ、れいの注意がカナブンに向いていてくれるだけでも、オトナたち(注:この場合、じゅん兄を含みますw)はホッとしていられるんです。


もう一つ、にゃんずが熱い視線を注ぐのは猫草^^ じゅんとまりは当然ですが、れいも、教えたわけでもないのに最初に見た時から文字通り、猫まっしぐらなんですよね〜。そんなに良い匂いなの?不思議です。


さて。


  ぼく何でもにあっちゃうんですよぉ


1日(水)のことですが、夕方、トイレを使ったれいが、脚にちょっとうんPをつけてしまったので、ちゃちゃっとケツシャンをしたのです。タオルドライしようと、仰向けに膝に載せたところ、濡れた毛の中に一粒のゴマが…

んん、ゴマのわけないし( ̄■ ̄;)!?
ひー、ノミですぅぅぅ工エエェェ(´д`)ェェエエ工!


いつの間にノミなんか飼ってたのか…(>_<)(翌日、ばぁばも1匹発見したと言ってました) 買い置きがなかったので急いでフロントラインを注文して、昨日、滴下しました。

去年、まりの脱走事件の後に初めて自分で滴下したら、1パックの液量が予想外に多くて、いちばん神経質なミレさんが毛を舐めちゃって大量に涎を流すわ、カラーをしたらパニックするわで、散々肝を冷やしたのです(>_<)(夏用ベッド - ねこのてもかりたい日々の記)。
今年は予め、3にゃん分のカラーを用意し、お昼寝態勢に入ったあたりを狙いました。


  せっかく気持ちよく寝てたんですよ?


不満そうなまりさん。でもカラーはもう身体の一部みたいなもん┐(´ー`)┌ 薬液がついてもあまり気にせず、OKでした。

そして本邦初公開。


じゅん王子は、去年は全然気に留めなかったんだけど、長毛な分、液が広がる部分が大きいかもと思い、着用してもらいました^^


  あにきぃ、おいらたち、なんでこんな目にあうんですかねえ
     家猫には色々と試練があるんだ、覚えておけよ


と言い聞かせてくれていたかどうかは知らないです(笑、写真が暗くてすみません)カラーは、今朝まで念のため着用してもらいました。今朝、外したら、じゅんまで、当社比1.5倍ぐらいのスピードで家中を駆け回ってました(^^;)


れいはカラー初着用。これはソフトなものでそれほど邪魔くさくはないはずなのですが、初めての経験に興奮してカラーにじゃれついたのと暑いのとで、口呼吸しちゃって(-_-;) シリンジで水を飲ませ、500mlのペットボトルに水を入れて、ちょっとした冷え冷えキッカーのように抱きつかせ、おもちゃで気を引いつつ、私の部屋に一緒に閉じこもって1時間強…。漸く寝付き、その後は夕飯まで爆睡してくれましたε-(´・`)

ちょうどお仕事の関係でフィプロニル系農薬のコワイ資料を読んだところだったので、猫たちが舐めたりしないか、私たちが触ったものから二次的に曝露したりするのだろうかと、気が気じゃありませんでした。なら使わなければ良かったんだけど、ノミを放置するわけにもいかないし…。猫飼いの皆さん、どうしてますか?