読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
mijumama's blog

引き続きお願いします!


  なかまを、助けて欲しいの
福島の20km圏内へのレスキューはやはり22日以降、継続できなくなっているようですが、引き続き、救助や立ち入っての給餌・給水を続けられるようにメールによる請願活動が立ち上がっています。
そのうちの一つ。以下、転載です。

日本地震動物救援会JEARSでは警戒区域動物救済のため、下記の首相官邸宛嘆願書を作成致しました。
内容にご賛同頂けましたらこの嘆願書を首相官邸までメールしていただけませんか。
(注意:非常時につき電話やファックスは迷惑 になりますのでお控え下さい。以下のメールフォームからお願いします)全文あるいは部分を転載、拡散頂いて結構です。

ーーーー
緊急のお願い 転載歓迎

東北関東大震災、警戒区域への動物救援グループ立入りについてのお願い

原発避難区域20キロ圏内警戒区域への動物救援グループの立入り許可を下さる様、謹んでお願い致します。
立入り禁止規制をかけねばならない国の立場はわかりますが、災害から全ての物を失われ、残された家族の一員としてのペットの安否を気遣う人々の心境を思いやらずにはいられません。

動物救援ボランティアグループは、救済に伴うリスクを承知で、犬、猫、その他コンパニオンの動物達の命を救いたいと考えています。救助グループや、個人ボランティアには特別に「立ち入り許可証」などを与えて頂き、全面的に規制するのではなく、ボランティア達が 動物の移動や餌を与える等の救済活動に安全に専念出来るよう、ご配慮頂けますと幸いです。

又、恐れ入りますが、自分では救助に行けない飼い主さんや、情報を得にくい飼い主さんのために情報提供をして頂けますでしょうか。何卒、宜しくお願い致します。

提出先:

首相官邸ご意見募集 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

フォームはこちらで: https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

同様に、レスキュー団体の立ち入り許可を求める請願です。英語のサイトですが、簡単に署名可能です(4/21に同じCare2というサイトで集められていた別の署名活動のリンクもご紹介しています。この時に署名して下さった方ならクリックだけでOKです)。
Please Allow Animal Rescue in Japan's Nuclear Evacuation Zone - The Petition Site

それから、次には飯舘村などが計画避難地域に指定されています。同じ悲劇を繰り返してはなりませんから、その地域の方にペットの避難の手立てを前もって講じるよう、広報活動をしようと動き出した方々も。
明日のレスキュー活動につきまして|スヤスヤリターンズ・妻の寝姿&ブルドッグ・ヒョードル&里子フレブル・ボンピレオ話とか

よろしくお願いいたします!

  みにゃさんの声を  届けて下さい!

================
津波に耐えた、梅の花。良かったね(*^_^*)
NHKオンライン

業務連絡:
ブログ画面上の写真のサイズをちょっと小さめにしましたが、写真をクリックして頂くと別タブにて、これまでより大きめのサイズでご覧頂けます。ケータイからご覧の方、重すぎたり見えなかったり問題がありましたら、コメント欄でご指摘頂ければ幸いです!