読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
mijumama's blog

毎度のことですが…

また、ヤッチマッタナ!


  赤いトレーナーですか?


そーじゃなくて、ハゲコだよぉ。
もはや隔月ぐらいの年中行事となってきてしまった。今度は、お腹の真ん真ん中。洋服では微妙に隠せない位置で、ドーナツカラーとW着用させたんですが、今回は執ようにカラーから首抜けを繰り返すまりさん…。


  どーも、すいません(o- -)o


この子には、猫が飽きっぽいってウソでしょ、と言いたくなるしつこさがあります(^^;) 遊ぶ時も飽きないしねぇ。カラーも、人の目が届かないコタツの中に入って外すので、外されては着け、外されては着けの繰り返しです。ま、負けるもんか( ̄ェ ̄;)


  根比べなら負けませんよぉ


過剰グルーミングはストレスから来るのだろうけど、さてその原因は何か…結局は「構ってちゃん」で遊んでほしいということなんでしょうね。モフられ王子の甘え上手なお兄ちゃんに母ちゃんやばぁばの注目を奪われがちなのが不満なのかなぁ。
といって、抱っこすれば全身で拒否るしね(笑)。で、最近は深夜、母ちゃんの膝の上にやって来ます。首回りをかいてあげると、満足そうに大福顔して寝ます。3kgのミレさんしか膝で寝せたことなかったけど、4.3kgでもかなり…かなり…腰に来るねぇ(´_`。)

今日のところは、私の腹巻きに後ろ脚と尻尾を出す穴を開け、余った布地は背中に固めのお団子にして輪ゴムで留めたズボン風のものを洋服と一緒に着せてあります。カラーは私が寝た後に外しちゃうんだろうなぁ(泣)ネットで探して、何種類か保護服の類を注文してみたので、それがうまく行くといいなぁと思ってます。

============

お友達のレイナさん(017-net ~As time goes by~)のところから卒業して里親様のお家で幸せに暮らしていたノームちゃん(男の子)が天使になってしまいました…。FIPという、猫的にはとても発症確率の低い、けれど難しい病気で、最初のお誕生日も迎えずにお空に還っていってしまいました…。
ノームちゃんのご家族とレイナさんのお気持ち、察するにあまりあります。私の中でも「あの日々」がプレイバックされてしまって…。今はただただ、ノームちゃんのことをたくさん思ってあげてほしいです。たぶん、誰にどう慰められても悲しさも悔しさも消えないような気がするけど、でも、注がれた愛情の記憶はしっかりノームちゃんの中に刻まれてお空に一緒に旅立ったんだと思います。
ノームちゃん、頑張って偉かったね。みんな可愛い君が大好きだったよ。ゆっくり休んでね。