読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
mijumama's blog

丸くなったね

大人達(←我が家ではヒト科をこう呼ぶ)が朝から意味深な目配せを交わしていた今日。のほほ〜んとしていた子どもたち(←同じく、にゃんずをこう呼ぶ)のうち、年長の2にゃんは夕方、母ちゃんに捕獲され、病院へと向かいました。そう、今日は年に1度のワクチン接種の日。
まずはミレさんから。キャリーバッグに入る時に苦情を申し立てた後は極めてお利口なミレさん。診察台ではそわそわし、母ちゃんの肩に登って逃げようとするものの、華奢で力もない彼女のことですから保定は楽勝(^_^)b でも、鳴き声が「いやぁ〜〜〜!」と聞こえるので、どうしても不憫に思えちゃいます。体重3.2kgで微増、最近はお腹の調子も良いし、歯肉なんかも綺麗だし、良好です。
さあ、次にプチ猛獣な長男の番、母ちゃんも自分の斜めがけバッグを外して臨戦態勢に。男性看護師の方にバスタオルをお願いし、主治医のT先生がフーシャーブー(←興奮して鼻から息を吸うので、時々子豚化するw)言ってるじゅんの上からタオルを被せ、そのまま抱き取って診察台へ。
実は今回から、このリュック型のキャリーバッグを使い始めました(【楽天市場】【送料無料】リュックならコレ!超安定型リュック〜スポーティライン3WAYキャリー #PT60 ねこ用/キャリーバッグ ネコ用:猫用品のゴロにゃん 楽天市場店 どうもこのショップでは品切れみたいだけど…)。たまたま震災前に購入しており、今日が初稼働だったのですが、複数にゃんを一度に通院させる時などはやはり1個はリュック式が良いと思いました。また、上蓋式なのでこれまでのキャリーよりずっと出し入れしやすかったです。仕様をみると体重7kg迄でじゅんにはギリギリ(^^;)底にみっしりと詰まっていて、T先生がバスタオルを被せて抱き上げるのにも手を入れる隙間がないくらいでしたが、かえって病院など、動きの自由度を抑制したい場合は好都合かも。待合室では、ごそごそ動いて体位を変えたりしてましたので、小さくて中で動きが取れないほどでもないです。ご参考までに。
さて、診察台に上がったじゅん、まず体重が…6.7kg(゚ロ゚;屮)屮!あれ、先日、家で計量した時は6.5kgだったのに…。ちょっと体重が増勢でした(=_=)お腹が確かに前回よりもタプっているらしい…(=_=);。でもウーウー言ってる割に心拍数は上がってないし、肺の音もキレイ。熱も平熱。ここでT先生が一言。
「あれ、じゅん君、何か丸くなりました?」
正直、母ちゃんは一瞬、先生が改めてじゅんが太った、と仰ったのかと思ったのですが、さにあらず、診察台の上でずいぶん温和しいですね、というお言葉だったんです!確かに、以前は、看護師の方と私が2人掛かりで押さえ込んでも抑えきれなかったり噛みついたりされたし、「んぎゃあああ!」という雄叫びが待合室まで轟いていたものですが、今日は保定も先生ご自身が後ろから抱きかかえるような感じで聴診器を当てる間に、私が一人で頭と前脚を抑えるので済みましたし、最も抵抗の激しい検温(肛門に体温計を突っ込むのでどの子も嫌がる)の時だけ、同席した男性看護師さんが手を貸して下さった程度。アララじゅん、ちょっとは大人になったん?(・∀・)
ということで、バスタオルで押さえ込まれた伏せの体勢のまま、お尻にちっくんになりました。その時のじゅんの様子、できれば写真が撮りたいくらい情けなカワイイ様子でしたよ(*^_^*)

バスタオルを被せられてこんな頬被りでもしているかのようなじゅん*写真はイメージです
いや〜、いつもは負傷者x名の世界なので、今日は本当に良かったです!イイコイイコ""ハ(^▽^*) パチパチ♪帰宅後のクールダウンも記録的に早く、まりがとばっちりを受けることもありませんでした。

  今日は窓を開けてもらえなかった(・ω・)ブウ
東京地方、雨模様だったので。明日は暑くなりそうだから、少し展望台をオープンしようかね。

  疲れたわ…ヘタレの弟を見てたら情けなくて
ミレちゃんバッグの中から診察台の上や待合室でのじゅんのウーシャーをじっと見守ってたもんね(^^;)2にゃん一緒に連れて行くと、ミレの入ったキャリーバッグは単に私のショルダーバッグと勘違いされることがままあります。そのくらい静かなのでw

  疲れた ( ̄○ ̄)ぐぅ
はいはい、お疲れさん。取り敢えずじゅんはまた、ダイエットに励まなきゃいけないけど、まずは健康の問題もなく、良かったね(*^_^*)